MENU

KUMAMOTO VOLTERS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>game report

game report

75対63で鹿児島から連勝を掴み取る!
これで前節から三連勝!!
通算戦績6勝2敗となり、勝率で広島、島根と並び西地区2位に浮上する!!

スタートメンバーは昨日同様に♯1中西、♯2拓巳、♯7小林、♯11福田、♯20ジョエルが並んだ。

第1Q
昨日から効果的にインサイドを起点としたオフェンスを展開していたが、今日はそれに加えて全員で走り切り早い展開に持ち込むと出だしから一気に点差を広げる。
19対10のリードでスタートを切る。

第2Q
メンバーを変更して臨むと、ミスや消極的な入りをしてしまい、流れを鹿児島に一気に持っていかれる。このQを熊本は9点、鹿児島が23点と苦しい展開とされる。
28対33と鹿児島に逆転されて前半終える。

第3Q
再びスタートメンバーに戻して追撃に臨むも、開始直後に拓巳が4ファールとなりベンチに下げざるを得なくなる。
しかしながら、変わって出場した♯56建作の奮闘が光、インサイドでは中西がミスマッチを突き続け、アウトサイドからは慎太郎が3Pシュートやスティールからの速攻を沈めて嫌な流れ断ち切り再び勢いに乗る。
48対47とゲームを振り出しに戻して最終Qを迎える。

第4Q
前半2Qの時間帯で見せてしまったスキを、ここで修正してみせる。
やはり激しいディフェンスとインサイドプレーがキーとなった。
インサイドでは♯43ポールがベテランらしく要所でのリバウンドや合わせからのプレーで得点を積み上げ、バスケットカウントや3Pシュートまで沈め、中・外での活躍が光った。また、♯22レジーも献身的なゴール下での守備とミスマッチを突いた攻撃でベテランらしく頼もしいプレーでチームを牽引する。
最後は4ファールでベンチに下がっていた拓巳が入ると、引き寄せた流れを加速させる見事なスティールからの速攻、3Pシュートを沈めて最後は追いすがる鹿児島を突き離し75対63で勝利を掴み取りました。

昨日に引き続きアウェイにも関わらず、多くのヴォルターズファンの皆さまが鹿児島まで駆け付けて下さり、大声援がチームの力となりました。

ゲーム出だしの勢いは素晴らしかったが、流れを引き渡してしまい一気に逆転されたのは反省が残る。
しかしながら、拓巳がファールアウトした嫌な流れを全員での守備やインサイドプレーから再び勢いを掴み取り、最後には突き放せたことは収穫にもなった。

ホーム次戦は10月22日(土)、23日(日)
熊本県立総合体育館にて、愛媛オレンジバイキングスとの対戦です。
B.LEAGUE2016-2017シーズン!
10月22日(土)17:00試合開始
23日(日)14:00試合開始
@熊本県立総合体育館
vs愛媛オレンジバイキングス
チケットご購入はこちらから⇒https://www.bleague-ticket.jp/club/kv/
熊本ヴォルターズへの益々の熱い応援を宜しくお願いします!!

熊本ヴォルターズはバスケットボールを通して、熊本の皆さまに勇気と感動、夢をお届けします。

〈主なスタッツ〉
♯1中西:10PTS、5TR
♯2古野:12PTS、5ST
♯20ジョエル:10PTS、8TR
♯22レジー:10PTS、8TR
♯43ポール:12PTS

14729283_1159728644094377_8810787704423704632_n.jpg

RELATED

関連ニュース

  • game report

    2016.10.12

  • 開幕3連勝!

    2016.10.03